野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年06月03日

中華調味料を使ってイタリアンを楽しむ

ベジタブル&フルーツマイスター協会渋谷教室で、ベジフルイタリアンのレッスンを受けた。

中華調味料でイタリアン
富士食品工業から販売されている、オイスターソース、しお炒めのもと、しょうゆ炒めのもと、O Hot粗挽きトウガラシを使って、中華ではなくイタリアンに仕立てるのがポイント。
テーマ野菜はかぼちゃで、マッシュかぼちゃの前菜、かぼちゃのピリ辛リゾット、コロコロかぼちゃの豚肉包み焼きかぼちゃ添え、不思議マンゴーアイスのデモと実習を行った。
マッシュかぼちゃは、蒸したかぼちゃに、調味液とバルサミコ酢を混ぜ、アクセントに胡桃を加えて作ったペーストを、フランスパンにのせていただくというもの。クラッカーなどサクッとした土台に相性が良さそうだ。
リゾットは、出来上がってみると、ピラフに近い食感で、トウガラシのピリッが、これからの暑い季節にはいいかもしれない。
豚肉包み焼きは、しっかり味のついたひき肉を、薄切り肉で巻くという物で、ソースも作ったが、ソース無しでお弁当のおかずに良さそう。ソースはソースで、魚介のフリッターにつけていただきたい感じ。
不思議マンゴーアイスは、塩味スイーツの流れをくんで、しょっぱ甘の、まさに不思議?な仕上がりだった。

仕方の無い事だが、協賛の富士食品工業さんの商品を使って作るため、レシピ開発の先生も、分量少々と言うわけにもいかずといったところだろうか、トータルでいただくと、塩辛いのが残念。
でも、それぞれの調味料の特徴を生かした面白いメニューだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form