野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年06月02日

わんぱくキッチン おにぎり隊

今日6月2日は横浜開港記念日。
昨日と、今日の2日間、横浜開港祭が開催され、会場の横浜市みなとみらい臨港パーク一帯は、ものすごい人出だ。
今日は、ここで開催される、わんぱくキッチンおにぎり隊として、子供達にお話と、おにぎり作り体験をしてもらった。

わんぱくキッチン
さらに今日は、横浜市民の日に制定されていると言う事で、月曜日にも関わらず、子供達の出足は早くからピークを迎えた。
「この並びようでは、スタートするしかありませんね!」嬉しい悲鳴で、開催時刻11:00を待たずにスタートした。
6人から8人の子供達が一斉におにぎり作りを体験する。
どの子も皆慎重で、私を見つめる目も、皆キラキラ、一体何が起こるのだろう?と輝いている。
ラップでキュッと絞って作るから、モモみたいな形に出来上がる子、しわしわが嫌だからと、綺麗なまん丸にする子、
「お母さんが作るみたいに三角にしたい子は?」と問いかけると、恥ずかしそうに手を上げる子。
色々な形が、ちっちゃい手の平サイズに出来上がった。海苔を巻いたら、どこからどう見ても、おにぎりだ。
食べる前のご挨拶、どうしていただきますって言うのだろう?を考えたり、「お米は八十八という漢字が組み合わさって出来ているくらい、とても手のかかる作物なのですよ、だから一粒もおのこしはいけませんね」と言うと、手を洗わなくてもいいのではないかしらと思うくらいきれいに食べてくれた。だから、ご馳走様も言うし、作ってくれたお百姓さんにありがとうも言う。
どんなに小さくても、理屈がわかれば、大きな声で、挨拶が出来る。
本当に吸い取り紙のような子供達だ。
「今日のお米は、魚沼産のこしひかりです。だから、お塩も無しで、そのままの甘みを感じて欲しかったの。まだ、甘くない人は、噛み方が足りませんよ。どのくらいもぐもぐすればいいのかなぁ?」
「三十回!」
幼稚園で教えているようで、どのグループにも2、3人は答えてくれる子がいたのには感心。50回噛めたよと教えてくれる子もいた。
1時半までノンストップ、おにぎり隊だった。

さてさて、今日目に付いた事。私やスタッフのお話はそっちのけで、かき分けて、子供の写真を携帯で撮るご父兄。
「おにぎりをおいて、みんなのおにぎり見せてくださいね?」と私。
「おにぎり持って、ハイポーズ!」って、お母さん。子供はだれの言う事を聞けばいいのか迷ってしまいますし、皆で一緒に、いただきますが出来ませんよ・・・ふ?っ。
食育って、誰が誰にすることなのでしょう?まずは母育?

「横浜市民」「新潟十日町市地域おこし実行委員会」
そして私の所属する、「食の検定協会」の協賛事業

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

第27回横浜開港祭ランドイベント「わんぱくキッチン」 from 天地人[Blog版]

今日は、横浜に来ています[E:ship] 予報では、曇り[E:cloud]でしたが見事、快晴です[E

comments

はじめまして♪
わんぱくキッチンお疲れさまでした。

6/1(日)だけ、わんぱくキッチンに参加させてもらった
「あまたけ」と申します。

月曜日だから人が集まるか心配していましたが、
横浜市民の日だったんですね。

大盛況だったみたいで、ひと安心です。
 

おにぎりって「白いキャンバス」なのですね!
彩付けひとつでも心が表れる(洗われる!?)
形を変幻自在に出来るので、「四角いだけのモノ」より優れているのかな?

  • NORIくんちゃん
  • 2008年06月03日 21:17

あまたけ様。
全く知らない人どおしが、思いを一つにして活動し、またお会いしたことも無い方と、お互いに良かったですねなんてお話できる。
素敵なことですね。
現地の生産者さんとお話できた事は、私にとっての財産です。
まだまだ、伝えていかなくてはいけない事が、沢山あるのだと、実感させられました。

  • kaoru
  • 2008年06月03日 23:16

NORIくんちゃん様
おにぎりだけでなく、ご飯は日本人の心ですね。

  • kaoru
  • 2008年06月03日 23:19
comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form