野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年08月19日

保育園訪問と読売新聞の取材

午前中は盛岡市高松保育園で野菜ソムリエとナンブ・ジェラリーノ君のショー、午後は読売新聞の取材と続いた。

大人気ナンブ・ジェラリーノ保育園では、子ども達が窓にへばりついて、私達の到着を待ちわびていてくれた。
ちょうど身体測定の真っ最中で、みんな痩せているでもなく、太っている子もなく、元気元気。
子ども達の
「かおるせんせーい!」の元気な声で、登場
まずは、大根ちゃんと、人参ちゃんと、ごぼうちゃんのお話をプレゼント。
「ごぼうちゃんは、お風呂の中で、いち、に、サ?ン!ってあがっちゃったから、真っ黒なんだね」
ふ?ん・・・って、ここは笑ってくれないと。
「大根ちゃんは、一生懸命身体を洗ってばかり、そして人参ちゃんは湯船に浸かっていたからマッカッカ」
「どこの、おふろ??」
「ずっと昔のお話だからね」
子ども達の反応は本当に楽しい。
この保育園では、子ども達が歌をすっかり覚えてくれていて、ダンスもオリジナルで付け加えてくれていた。ナンブ・ジェラリーノ君は子どもたちにもみくちゃにされて、嬉しそうだった。

更年期を考えるメニュー
午後からは読売新聞の来週からの特集の為の取材を受けた。
育ち盛りの子どもと、更年期にさしかかっている女性が、全く違う物を食べるのではなく、ちょっとした工夫でこんな食べ方が出来ますよといった、サンプルをということで、唐揚げを例に食卓を考えた。
唐揚げにサラダの組み合わせは子供用。ボリューム感もたっぷりだ。
かぶは、根と葉を塩でもんでしんなりさせてから、キャベツとあわせてサラダにした。
唐揚げをめんつゆでサッと煮込んで、たっぷりのかぶのおろしでボリュームをもたせた煮物風にアレンジ。葉も一緒にしんなりする程度に煮て。
火を通さずおろして使うかぶの根は、消化を助けるジアスターゼがたっぷり。
見た目も、たった3個の唐揚げでもボリュームたっぷり。
同じ素材を使うことで、会話を忘れない、そんなテーブルにという願いだ。
来週まとめられて、更年期と心と体を考える特集記事になる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form