野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年10月21日

ダージリンで

今朝は5時起きで準備し東京をたち、仙台へと向かった。
ベジフルメンバーズクラブの「リビングフード的な料理を体験しよう」の講師をするため。
いよいよ現実に戻り、仕事に復活だ!

新幹線の中で、今日のレジュメに目を通す。
せっかくだから、インドの野菜にも少し触れよう。色鮮やかだった、バザールの風景も。
東北新幹線は、あっという間に山また山、北に向かうにつれ、ダージリンを思い出す。

ダージリンで早起きして、いつも磯淵カンパニーから購入している、ジュンパナの紅茶の産地へといよいよ突入。
あそこへ行くんだなぁ、ジュンパナと書き込まれた工場の屋根が下のほうに見える。
一度に曲がりきれずに、ジープはゆっくりゆっくり茶園に近付いていく。いつの間にか工場は見えなくなってしまった。
さて、ここから山を登るのだという。なるほどさっき下に見下ろした工場は、今や山の上にあるという訳で、一山越えて、谷底へ到着したのだ。
一つのカーブに到達すると、息がゼイゼイする。途中で座り込んでいる人も。
ここで座ったが最後、絶対もう歩けなくなると、どんどん登ったのが・・・いけなかった。
工場の手前にある、神様へお参りする。紅茶を美味しくいただくために、床にひざまずきお祈りをささげるのだ。その途端、目の前がぐるぐる回って立てなくなった。それと同時に襲ってきた、動悸とめまい。急激に登ってきた為に、どうやら今思うと、高山病に軽くかかってしまっていたのだ。
でも、工場見学、茶園での体験はやめられない。工場で働く人、そしてむせ返るような茶の香り、急な斜面で働く茶摘さんを見ているときだけ、頭痛も、動悸もどこかへ吹っ飛ぶ。
茶の可愛らしい花、1?ほどの愛らしい実。そして青々とした茶葉。

フッと気付くと、目の前にはビルが見えてきた。
仙台、いよいよ仕事が始まる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form