野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年11月05日

バター茶kaoru風

旅行の報告会をお聴きになった皆さんから、まるで「ウルルン滞在記」だよねと言わしめた、バター茶の体験。
いよいよ、生徒さん向けにバター茶kaoru風のレシピ作り。

バター茶kaoru風
とはいえ、ヤクではなく、牛の発酵バターと乳にしただけで、バター茶はかなり飲みやすいと言うより、コクのある美味しい出来に仕上がった。
茶葉もアッサムを使うことで香り豊かになった。
ここまで代えてしまうと、「ウルルン滞在記」を実感してもらうことは難しくなってしまうが、美味しいバター茶に仕上がった。
塩味が決め手ともなるバター茶だが、発酵バターの塩味だけにとどめておいた方が、日本人にはよさそう。お茶が塩味とい言うところが、私たちのお腹には重たい。
チベットで暮らす上で必要だった塩ということを、頭におく必要がありそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form