野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年11月07日

太田幼稚園様 野菜大好き!ショー?高松保育園 講演会

盛岡の南側、あたりは米も収穫が終わった田んぼが続く中に、今日の御依頼の太田幼稚園があった。
子どもたちに会うのも楽しみだが、何といっても、園長先生がニコニコと楽しそう。

子ども達の声が聞こえてきた。
とっても上手に歌を覚えて歌ってくれている。
いよいよ、野菜大好き!ショーの始まりだ。
3歳から5歳までの子ども達、40分もの時間お話を熱心に聞いてくれた。
「くだもの」という絵本を使って導入。
どんな匂い?どんな音?どんな味?皮はどうやって剥くの?タネはどのくらいの大きさ?
そんな質問に、子ども達は色々な表現で答えてくれる。
紅玉と北斗の食べ比べでは、皆が野菜博士になって、それぞれの美味しさを話してくれたり、キャベツの葉を食べながら、親戚のブロッコリーや、カリフラワーのお話しもした。
苦手だったキャベツを今日克服できた女の子は、帰りに百点満点の笑顔で送ってくれた。
歌が完璧だったので、振り付けも皆で覚えて、私の方が息も絶え絶えに・・・

「また来てね?!」
ありがとうねっ。

さて夜は、夏に野菜大好き!ショーを開催させていただいた、高松保育園様の保護者の皆様向けの講演会を依頼されでかけた。
「家族で育む食べる力」と題して、家の食卓での食育が一番であること、子ども達の感性は捨てたもんじゃない、それを閉ざさずに、たくさん引き出してあげるコミュニケーションのある食卓を創出できるよう、簡単なヒントを、絵本を使ったり、お話しを作ったりして、経験していただいた。
でもそれもこれも、食べると言うことがあっての事を忘れてはいけないことも。

熱心な保護者の皆さんに、もう少し力を抜いてもいいんだよって、言ってあげたい、そんなまじめな瞳だった。
ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form