野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年11月13日

伝えるという事

「沖縄の授業よろしくお願いしますね。」
「ハイ、つかみはOKなんですよねぇ・・・。」
「子供達だもの、まずそこでしょう。興味持ってくれないと、野菜の話なんて続けられないでしょう。」

人に伝える。
どんな仕事にも、少なからず必要な力だ。
講演や、ラジオという音の世界での話しや、本を書くという風に伝える手法がたくさんの中での、最近の自分の仕事を振り返ってみて、きちんと伝わっていますかを、考えてみることの大切さを感じる。
お陰様で、講演会や、講習の後に
「あっというまの1時間で、もっとお話をお聞きしたかったです。」とか
「いやぁ、どんどん腕をあげておられますなぁ。」
等と言う言葉を頂くと、ひとまず、話がぶれていなかったなぁ、無事に伝わったようだなぁと胸をなでおろす。

一体自分のこの話の手法というもの、分析してみると、どんな優れた点、劣る点があるのか、見てみたくて本をどっと購入した。
ふむふむ、私のこの手法は、このように評価、分析されているのねとか、これは良いポイントだったのね、とか、これ次回からいただき!とか。

伝わらなければ意味が無い!
これは、何も仕事に限った事ではなく、夫婦だって、親子だって、基本の「き」だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form