野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年11月30日

アップルシューケーキ

マスカルポーネチーズを冷蔵庫から出して、レシピを持って、忘れ物は無いよね。
手づくり村へ向かうバスの中から、私の分身、北上へ行って下さる、野菜ソムリエさんに、お願いメールを送り、仙台でジュニアマイスターを受講中の、教室の生徒さんへ、頑張れメールを送った。

アップルシューケーキ
キャベツのようにモコモコした感じに出来上がることからシューと言う名前がついた。
それをリング型に焼いたパリブレスト。パリからブレストまでの自転車競技ツールドフランスにちなんで作られたお菓子で、車輪の形を表している。
私はこれを、クリスマスのリースに見立てて、旬のりんごを使ってアップルシューケーキに仕上げた。
ほんの少しの卵の微調整が、シューの良し悪しを決める。それを丸く絞って・・・結構膨らむ。
15?の円の内側に丸を描くように絞ったはずなのに、出来上がってみると、ケーキの箱に収まらないほどの大きさになった。
中のクリームは、ここのところ、ちょっと値上がりしている、マスカルポーネをベースにしたクリーム。
ティラミスで一躍有名になったクリームだ。ここに、りんごのブランデー、カルバドスを入れれば、う?ん美味しい!りんごのソテーも挟んで、粉糖で化粧をしたら・・・
おわーっ!外雪だ!
北上が気にかかる。
マルシェで販売されている大きなサンフジを今日は使用。あまりの大きさに、挟んでもたくさんお残りが出たので、皆でたっぷりいただいた。

サックスも入って急ぎ帰り支度、コンサート会場のおでってへ向かう。
仙台の生徒さんからは、「とても楽しく勉強しています!」とのメール。
そして北上の分身さんからは、「ケーキもスープもあっという間に無くなったとの事。ラジオで聴いてくださっているというファンの方がいらしてくださって、残念がっていたということ、熱心にレシピをメモしていかれた方もいらしたこと、あったかケーキは子どもたちに人気があったこと。」の嬉しい報告メール。
きっと、忙しかったけれど、充実した野菜ソムリエ、一人デビューだったに違いない。

14:30、ヤマハ大人の発表会の開演。
今年はSAXのクラスも加わってのボリュームのあるコンサートだった。
演奏者の人となりが音に現れる、そんな大人の発表会は、本当に毎年素晴らしい思い出を、司会をしている私にも残してくれる。

教室においでの生徒さんへ感謝。
ソムリエを目指してくれている生徒さんに感謝。
今日私の代わりに頑張ってくれたソムリエさんに感謝。
素敵な音楽をそして感動を下さった、たくさんの演奏家の人たちに感謝!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form