野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年12月09日

ベジフルティーチャー in 沖縄 その3

1日目は、南風原町立南風原小学校、2日目は、宜野湾市大山小学校での「野菜博士になろう!」の授業が行われた。

「ナンプウバラ小学校?」すると、沖縄に現在住んでいらっしゃる生徒さんから、「先生、ハエバルって読むんですよ」ワワワッ、聞いておいてよかった。
確かに聞いたことはあるものの、音と表記が結びつかないのも、沖縄。
さて、その子ども達はといえば・・・
東京から飛行機でやってくるというだけで、いったいどんな人が来るのかと、とても楽しみに待っていてくれた。発言も我先に、次々と出て、板書が間に合わないほど。
野菜嫌いの子が少なく、生が嫌いなだけで、煮込めば大丈夫とか、ほとんどクリアーしている子が多く、調理も6年生のクラスではほとんどの子が手伝っていて、説明がさらに踏み込んで出来るという、模範授業のような授業が出来た。
ソーキそば先生の中からも、どうやったら、ベジフルティーチャーになれるのだろうか?といった質問が出るほど、「早寝、早起き、朝ごはん」をしっかり実践している、意識の高さを感じさせられた。
離れがたい子ども達、学校を後に、少し遅い昼食は、ソーキそば。
付け合せに、フーチーバ(よもぎ)1皿30円を注文。このフーチーバ、沖縄の郷土料理山羊汁に、無くてはならない香草。確かに、噛んでいると、苦味がぐーっと出てくる。臭みの強い山羊の肉にはもってこいなのだろう。
首里城から
お腹がいっぱいになったところで、世界遺産の首里城へ。
振り向いて海を眺める。東シナ海だ。
首里城を歩いていて、色々な歴史を知るにつけ、沖縄の言葉「なんくるないさ?」は、県民性だけではなく、この試練を耐えることが出来たのは、琉球王国の人だからではなかったろうかと感じた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form