野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2009年01月03日

いわて寒じめほうれん草

これから最盛期を迎える、寒じめほうれん草。
お正月ならば、畑にお邪魔しても、お邪魔じゃないか?なんてあまちゃんの考えで、お邪魔して、すっかり収穫のお邪魔をしてしまった。

いいお天気の畑生産者さんには、盆暮れ正月が無いのだということを思い知らされた。
その中で、畑に連れていっていただき、こうやってこうやってと手取り足取りご指導いただく。なんとも贅沢なたいけんをさせていただいたことか。
きっかけは、露地栽培のほうれん草のお話し。雪の下から掘り出すほうれん草をどうしても見たくって、どうしても収穫をさせてもらいたくって、今日だったわけだ。
見渡す限りの雪の斜面、20?程積もった雪をはらうと、そこにほうれん草がきっちりと地面にへばりつくように顔を出す。
暴風ネットもこんな風に使われるとは思ってもいなかったろう。
ほうれん草の上に、ネットが張り巡らされ、雪をかいても直接葉を傷める事も無く、少し残った雪もはらうことができ、すぐ収穫に入れる。
少し地面の中に刃を入れ、一度根を切る。採れたところで、もう一度余分な長さを切り、コンテナへ。
この作業は、屈んでするものではない。やはり膝を突いて山肌を膝で登っていくようなそんな具合に収穫するといい。
喉が渇いて、思わずちぎれた葉を、雪でささっと洗って口に含んだ。冷たくって、たっぷりの葉汁が口に広がった。
今日一畝、800袋分の収穫を4人でする。
私が収穫した2コンテナも、明日には市内か、関東方面のスーパーへ出荷される。

2月末まで収穫できる分、この雪の下に眠っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form