野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2009年02月25日

マルシェベジフル講座 岩手の葱

冬の寒さにあたって、甘味を増す、冬野菜の特徴だけでなく、さらに手をかけて美味しく仕上げたのが岩手の曲がり葱。
それを今日はメインに仕立てて。

葱料理
一関の「やわらか美人」が曲がり葱の有名品種。(今日は花巻産の葱を使用)
イタリアのリーキを思わせる太さと、ぐっと曲がったフォルムが特徴だ。
寒さだけではなく、夏の暑さでぐったりとさせるのも、冬に美味しくなるもう一つの要因。
先日のニュースで、葱の収穫風景が、放映されたが、なんとも、青首大根のようにスポスポ抜ける。
以前は、凍み上がった土の中から、葱に傷をつけないように掘り出すのも一苦労だったのに。
伊達藩の時代から門外不出の葱と言われてきたのに、温暖化の影響で、味と共に、製法技術も消えていってしまうのだろうか?
葱の青い部分は食べれないと思っていた今日の受講生の方のポタージュに、細かく切って散らした。
豚肉の香味巻きにはこれも岩手衣川特産のガルギール、別名ルッコラを添えた。
これも軸まで食べていいんですかと言う受講生の方に、しっかりと手でちぎって添えた。
捨てるところが無い、岩手の曲がり葱!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form