野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2009年07月20日

ブルーベリーティー

大粒のブルーベリーがマルシェに登場した。
これを使って、香りの良いブルーベリーティーを作ろう。

ブルーベリーティー
フレッシュフルーツのアレンジティーを作る時は、紅茶の茶葉は少なめに、ライトに入れるのが美味しくフレーバーを楽しむコツ。
今日はそこにブルーベリー3粒を潰しながら加え蒸らす。
ティーカップにはあらかじめ、ブルーベリーをカットしてセットしておく。
そこに濾しながら紅茶を注ぎ込めば、ほんの少し赤っぽくなった紅茶が出来上がっている。
紅茶の味がきて、飲み込む頃に、ブルーベリーの味がかすかにする。
お砂糖を好みで入れると、おいしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

 緑茶やウーロン茶はストレートでいただくのに、何故に紅茶だけアレンジするのでしょうか?
食の歴史の違いですかねぇ?

  • NORIくんちゃん
  • 2009年07月20日 22:37

紅茶の香りを分析すると、バラやすみれ、またはブーケの香りがするといわれます。また、ダージリンの香りはマスカットフレーバーとも言われるように、紅茶の香りと、果物というのは自然に結びついたのかもしれません。
又、アメリカ人がアイスティーやレモンティーを開発し、それを柔軟に受け入れた日本人の冒険心のようなものが、さらに拍車をかけたのかもしれません。
また、シェルパティーのように、紅茶の薬効と、山葡萄の疲労回復効果を一緒に摂りいれようとしたそんなベースに、紅茶は適していたのでしょう。

  • kaoru
  • 2009年07月21日 16:49
comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form