野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2009年07月25日

リンナイ盛岡チェンジエコフェアー クッキング

リンナイ盛岡チェンジエコフェアーが、岩鋳キャスティングワークスで開催された。
私は、「親子でお弁当クッキング」と「ガスで簡単クッキング」を担当させていただいた。

お弁当できた?お客様はもちろん、これから新しいガス器具に変えてみようかしら、どんな良さがあるのかしらと、興味をお持ちの皆様。
私自身が驚いた、お鍋にお米と水を張って、炊飯ボタンを押すと、勝手に昔ながらの始めチョロチョロ、中パッパの火加減をして30分でご飯を炊き上げてしまう機能だ。
もう一つは、魚を焼くだけと思っているグリルが、オーブンに近い働きをするということ。
これをうまく利用した、お料理の提案をする。
持ち時間はそれぞれ1時間。
午前中は小学校1年生を含む、4組参加しての親子クッキング。
まずはご飯のセット。水に浸しておいたお米を水切りしてお鍋にセットし、玉葱のみじん切りと、コーンを入れて、無添加野菜ジュースと水、白ワインを水加減し、スイッチオン。
ドーナツハンバーグは、豚挽肉に、玉葱、木綿豆腐、いんげんを切って加えよく練り、ドーナツ型にしグリルに入れる天板にのせ、中央に卵を落としておく。そうする事で、ハンバーグと卵がいっぺんに出来るという優れもの。タイマーは10分。お肉の前のほうに、ミニトマト、アスパラを置いて一緒にグリル。こちらは5分たったら取り出して、カレー味のマリネ液に浸す。冷める頃には味がしっかり馴染んでいる。
お鍋には、かぼちゃとレーズン、水、砂糖と塩を少し入れ柔らかくなるまでコトコト。
柔らかくなったら水分を飛ばして、ラップでキュッと茶巾絞り。
炊き上がったトマト風味のジャンバラヤの上に出来上がったハンバーグをのせ、おかずのところに、レタスを上手に使って間仕切りにし、マリネした野菜と、茶巾絞りを入れたら、栄養満点、野菜たっぷりのお弁当の出来上がり。
デモ
午後からは一般のお客様にデモタイプでの御提案。
白いご飯に、バター、コンソメ、炒めた具を混ぜるという作り方のパプリカ炒飯。
グリルには、なすを丸ごと、獅子唐、ミニトマト、しめじを入れ5分グリル。酢と醤油、砂糖で作ったタレの中にシャブシャブ肉と一緒に漬け込んでいただく。
夏野菜は、焼くだけで甘味が増す。なすも網で焼くより焦げが無く、機能性のアントシアニンが皮ごとちゃんと摂れる。
スープは豆。グリンピースを煮てからミキサーでとろとろにし、投入で伸ばしていただく。
20席ほどの椅子席と立ち見のお客様で賑わった。

お立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form