野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2009年08月21日

神がかり?

花巻東高校が、岩手県勢90年ぶりに、夏の甲子園ベスト4に進出した!

菊池投手が背中を痛めて5回降板。いつもならサードの猿川君と交代して体を休め、又投げるかもという流れもある交代だったが、今回は違った。菊池君の打席には代打が・・・ということは、菊池君はもう登板しない、できないということだ。
4番を打つ猿川君に、ピッチャーとしての重責ものしかかる。
じりじりと追い上げられ、8回裏には、2点勝ち越されてしまった。
最後の攻撃になるのかと思った9回表、同点に追いつき、10回表には勝ち越しの1点を追加。
猿川君が抑えきって、夢のようなベスト4になった!
のっている花巻、まさに神がかりな花巻・・・誰もが驚いたに違いない。
でも、「ついている」なんて言葉では片付けられない、たゆまぬ努力があればこそだ。
つきも実力のうち。機会を、好機に変える。まわりを勝ちの雰囲気に変える。
まさに彼らにはそれがある。
90年前、盛岡一高がまだ盛岡中学といっていた頃に勝ち取ったベスト4。
今、花巻東が熱い!
「岩手の」ということは知らなくても、「花巻東の」であれば知っている。「菊池君」といえばさらに認知度がある。スターがいるということ、これが岩手を知っていただく上で、キーワードになるということが分かる。

「どこの出身ですか?」
「岩手です」
「岩手って、仙台でしたっけ?」
「いえいえ、花巻東高校のある・・・」
「あ?菊池雄星くんの」
という具合に。

あれっ、雄星くんって、「巨人の星」の「星飛雄馬」からとったのかなぁ?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form