野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2009年09月02日

温泉日帰り de カルチャー 第一弾

盛岡市つなぎ温泉の女将さんやら、女性の皆さんが企画なさった、ぴーちくぱーちく主催の、「温泉日帰り de カルチャー」の第一弾が開催され、栄えある初回の講師としてお呼びいただいた。

講演
「ぴーちくぱーちく」と聞いて、だから私・・・?なんて。
温泉を楽しむ。そこに、カルチャーと、美味しいランチがつくという、お腹も、身体も、頭までおなかいっぱいになるというもの。
定員40名様のところ、はるかに超える54名の皆様でカルチャーはスタート。
夏の疲れた肌を癒しつつ、もっと美人になる日!
どんな風に野菜を摂れば、身体にとって優しいのか?
夏バテはどうして起こるのか?
温泉の効果的な入り方は?
野菜の持つ色のパワー、ファイトカラーや、生でこそ摂れる、リビングフードのこと。
旬をいただく身体への効果。衣替えは、私たちの細胞でもおこることなどお話させていただき、もちろんその食事の周辺がとても大切なこと。
今日は、田野畑からおいでのお客様の為に、CDの1曲目、「追憶の村」も歌わせていただき、「浜茄子のかほり誘うあの頃へ」ももちろんお聴きいただいた。
食事の間にも、ここちよいフルートの音色が響き渡った。
講演の後は、お待ちかねのランチ。今日の講師が、野菜ソムリエとあって、野菜のアレンジに気を配った板前さんの心意気が伝わる。
ランチ

  • 前菜 夕顔の冷製揚げだし、鰻玉子巻、鮑酒蒸し、銀鱈西京焼き、ミニトマトのシロップ漬け(ほおずきの中に)、アスパラベーコン、蟹砧巻き
  • 刺身 本鮪、甘海老、平目ウニ巻
  • 煮物 冬瓜まんじゅう(中には鰻が)
  • 強肴 和牛の手巻きしゃぶしゃぶ
  • 揚げ物 野菜三色揚げ、青梅水晶揚げ、枝豆の寄せ揚げ
  • 中皿 野菜ゼリー寄せの梅ソース掛け
  • ご飯 ひじきとちりめんじゃこの混ぜご飯
  • 止め碗 栗南瓜のすり流し、胡麻豆腐
  • 水物 大和芋のお汁粉(白玉、西瓜、キウイ)

私は、お風呂の前に飲んでいただく、生姜のドリンクを提案させていただいた。

今日の会場は、繋温泉 旅染屋 山いち

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form