野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2009年09月06日

IBCまつり 盛岡ガス提供 クッキングトークショー

昨日のIBCまつり入場者数は1万2千人。
今日は朝からピーカン。最高気温は28度。昨日を越えることは間違いなし。
昨日の、盛岡ガスのブースでの実演を更にパワーアップ。
ラジオステージで、クッキングトークショーが開催された。

もうすぐ!
IBCラジオ「のりこの週刊おばさん白書」のメインパーソナリティー、後藤のりこさんが11:00からのステージクッキングトークショーの紹介をしてくださって、バトンタッチ。二人の爆裂トークは、おばさん白書の「野菜の気持ち」にと、余韻を残した。
ガスのよさを伝えつつ、あっという間の簡単クッキングを御紹介。トマトで煮込む野菜たっぷりミネストローネは、水を加えたら、パスタをパキパキ折って入れ、それが柔らかくなる頃には、野菜もちょうど食べ頃。
煮込んでいる合間に、元気混ぜご飯の具を作る。炊き込んでしまうと、沈んでしまう野菜の色も、炒め煮するから彩がきれい。豚肉で疲労回復、にんじんと小松菜のカロテンで免疫力アップ、生姜で夏バテの胃を健康に・・・だから元気ご飯なわけ!
その場では20名ほどの方に試食していただいて、後は盛岡ガスのブースで、200名程の皆様にお召し上がりいただいた。
こんな人です!バギーに乗っている小さいお子さんがもりもり食べてくれたり、実は普段はにんじんが苦手という奥様が「これなら食べられます」と目をまん丸にしていたこと、「美味しかったから」と御主人にも食べさせたいと勇気をふりしぼって、もう一度試食を取りにいらして下さったこと。
沢山の皆さんと触れ合うことが出来た。
今日も30分で試食は無くなり、13:30からの生放送に備える。
今日のテーマは、「調理用トマト」。のりこさんには、実験台になってもらって、生で食べた時と、加熱した時の感想をコメントしてもらった。
加熱してこそ美味しいトマトの身になって、食べる工夫が必要ということ。

午後2時、まだまだおいでになるお客さまとすれ違いながら、一足先に帰路に。
今日は帰りも大渋滞は間違いない。
お声をかけてくださった皆様、差し入れをいただいた、山のきぶどう佐幸商店さま、ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form