野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2009年10月19日

ボンジョルノ?! その1

たっだいまー!
アミーカもバンビーナもみんなお元気でしたか?
わたし?もちろん、ベニッスィモ!

ラグーボロネーゼ
さて、みなさんが気になるのは、イタリアの食でしょうか、それともイケメンでしょうか、それともやはり景色・・・
今日、御紹介するのは、ラグーボロネーゼ。
日本人に一番お馴染みなのではないかしら?ボローニャ風のミートソースのこと。
パスタは手打ちの平たいタリアテッレ。
違うのは、パスタにミートソースをかけるのではなく、茹でたパスタにたっぷりのパルミジャーノとミートソースの一部をからめてから、さらに上にトッピングするところ。
ボローニャ風は、豚と牛の挽肉とパンチェッタの粗みじんを、一度にではなく、別々にいためるのが、美味しさのポイント。そしてもちろん水やワイン、香草も使わない。
仕込みは簡単、煮込み3時間。待てばおいしいソースが出来上がる。
トリュフ

イケメンを御所網の方には、トリュフ名人の大学生を御紹介。
5日目なので、私がトリュフ狩りの、ぶーちゃんのような感じに写っているのは、御愛嬌。
最近では、見つけると食べてしまうぶーちゃんに代わり、トリュフ犬が活躍する。
この日は、森の中で(といっても、なかなかの傾斜の山!)、ここ掘れワンワンの後をくっついて、1時間ほど彷徨い、1個トリュフを見つけた。
その貴重なトリュフと、イケメン君とパチリ。掘りたてトリュフは、さすがに香り高く・・・あっ、ワンワンは足元に。

景色はといえば、2日間過ごした、フィレンツェのドゥオーモから見下ろす町並みを1枚。
途中で引き返すことを許されない500段の階段を、一気に上る。
時折、駆け抜けていく少年が羨ましい・・・
フィレンツェ
でも、この眺めを一度手に入れたら、それは報われるというもの。
その後、ちょうどホテルを挟んで反対側のウッフィッツィ美術館へ。美術館の外に無造作に並べられた彫刻群。レプリカではあるものの、ダビデ像がお出迎えしてくれた。でっかい!
思わず、下からぼんやり見上げた。空の青さは、昔と変わりませんか?ダビデ君。
たっぷり2時間半過ごし、途中の回廊で、夕方6時の鐘の音を聞いた。
道路は石畳、路地は一方通行、まるで迷路のような細い道。少し暮らしにくいのかもしれないが、だからこそ人を呼び寄せる力がある街を保存できている。
日本は、盛岡はどうなのだろう?
考えさせられた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

ミートソース
すごく丁寧にお造り 美味しそうです

ryujiさん、いつもコメントありがとうございます。
時間が美味しくしてくれる料理ってあるんですね。
時間、手間隙、忘れていますね。

  • kaoru
  • 2009年11月15日 21:24
comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form