野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2009年10月20日

ボンジョルノ?! その2

1日目、今が旬のポルチーニ狩りのあとは、そのアグリツーリズモでポルチーニランチ!

マリア先生
ポルチーニのブルスケッタ2種。一つは刻んだポルチーニがのっていて、一つはペースト状にしたポルチーニがのっている。食感があるタイプが私は好き。
パスタは、タリオーリのポルチーニソース。
薄切りの豚肉にポルチーニがのった、スカロッピーネ。薄切りって、しょうが焼きくらいの厚さはある。
もうこの辺で、お腹はかなり満足。
入り口で見かけた、クロスタータが今日のデザートのようだが・・・重いなぁ。
パンナコッタのベリーソースがあるということなのでそれをチョイス。
仕上げにエスプレッソ。
昼食が終わると、すでに午後4時。
ディナー
ゲッ、これから、いよいよマリア先生の、ポルチーニディナー作りレッスンだよなぁ・・・
ディナー、ディナー?
久しぶりのマリア先生との再会。でもこのまんまじゃぁ、お残ししてしまいそう。
一緒に写っているのは、日本でお世話になっている、マナ先生と真ん中がマリア先生。
ポルチーニのソースを作り、リコッタチーズのプディングの上にかけていただく。
その後、生のポルチーニを試食。塩とバージンオイル、そしてパルミジャーノだけ。
その後に出してくださったのが、ズッパ。スープという名前がついているのに、私たちからすれば、リゾット、いわばおじやっぽい。
大麦や豆が入っていて、なんとなくホッとする味がした。
このあと、なすとズッキーニのパテ、マリア風ティラミスと続き・・・
写真の尖がりのあるあごの線が、徐々に消えていく幕開けとなった。

さて今日は、台太朗保育園さまで、野菜ソムリエとナンブジェラリーノショーが開催された。
ダンスの切れが悪い、息も切れる。
着ぐるみがどちらかは、子供たちに見分けはついたようだが、確かに、イタメシは、私のボディーに一枚何かを着せてしまっている!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form