野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2009年11月06日

東京グランスタのカップケーキ

さすが、東京土産になると、カップケーキもこんなに高くなっちゃうのかしら?と横目で見て、素通りしていた、グランスタの「Fairycake Fair」。
でも、ここのプロデュースが、ロミ、ユニ、コンフィチュールと知って、思わずお土産に。

カップケーキ
カップケーキの上に生がのっている物は、2時間まではそのままで。それ以上は保冷材をすすめられる。
盛岡まで2時間20分・・・
ならば生は新幹線で食べることに決定し、あと2個は2日の日持ちするタイプから選んだ。
生にこだわったのは、ロミさんのおいしいジャムの技法を活かした、トッピングが味わえるのではないかと思ったから。
旬の栗のカップケーキをチョイス。トッピングの栗の煮込み具合がいい。生地の中のグラッセ風のしっかり感のある栗と2度楽しめる。

鎌倉に行かなければお目にかかれなかったコンフィチュールが、六本木ヒルズに期間限定で出店とあり、出かけていったのはもう4年も前のことだろうか。
私のお菓子の生徒さんがそこに弟子入りすることになり知った、コンフィチュール、いわゆるジャムだ。
現在では、シンプルな焼き菓子も手掛けていて、その一つがここグランスタ。
学芸大学駅そばにある焼き菓子専門店も評判を呼んでいるらしい。
と思いをめぐらしながらいただいた。
でも、この一口サイズに400円からちょっとだけおつり・・・やはり東京土産でしか味わえないかなっ?

さて、今日は午後から大船渡へ。バスで3時間は、東京より遠いわけで・・・
平成21年度大船渡市女性セミナー「リビングフードで内面から美しく!?熱を加えない調理法で健康なカラダを?」と題して講演と調理デモ試食が、夜7:00?9:00まで、カメリアホールで開催される。
沢山の女性が、いつまでも元気で輝くお手伝いだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form