野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年01月21日

環境と食を考える会「駒草」学習会

料理研究家の梅津末子先生が会長をつとめる、環境と食を考える会「駒草」の学習会で、調理実習の講師と、食についての講話をさせていただいた。

駒草の皆様と
梅津先生とのご縁は、2008年3月に出来上がった、岩手県農林水産部流通課発行の、いわての「食財」を使ったヘルシーレシピ集で、レシピを10点ずつ担当した時だった。
先生の料理に向かう姿勢、素材選びに妥協が無いことなど、永年岩手の食を支えてきた、そのゆるぎないお力に、頭が下がる思いで、この与えられたチャンスに、しっかりと先生からあらゆる技を盗み取ろうと勉強させてもらった。
そのあと、様々な場面で、先生には励ましていただき、昨年11月の健康フェスタでは、先生の料理を多くの皆様に味わっていただいた。その際、「駒草」の会の皆様には、御尽力いただき、丁寧な料理を仕上げていただいた。
そのお礼も兼ねて、今日は「駒草」の会の皆様に、私が講師となってお話をさせていただいた。
調理実習は、先生のリクエストもあって、鶏と野菜のレモン風味スープ・ジャンバラヤ・岩手の旬レシピ長芋とりんごのサラダを講習させていただいた。
先生おすすめの岩手の鶏肉菜彩鶏でスープを。美味しい肉のアクは掬い取らないで、旨味に変わるまでコトコト・・・
ジャンバラヤが炊き上がるまでの時間を利用して、最近の食事事情を1時間ほどお話させていただいた。
食について様々な角度から勉強をしていらっしゃる皆様なので、熱心にお聞きいただいた。
その方達でも、なかなか知らない事例をあげることが出来、メモを取ったり、頷いて下さったり、みのりの多い一時を与えていただいた。

お呼びくださった、料理研究家梅津末子先生と「駒草」の皆様に感謝申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form