野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年01月27日

器とコーヒーの店 わたなべ

「先生の家のそばの、あの建物のところを入ったところに、おいしいコーヒー店が出来たんですよ、是非行っていただけると嬉しいです!」って、そんなあやふやな場所説明だけで、たどり着くのだろうか?

わたなべ
まぁ、このあたり、1ブロック歩き回れば、見つかるでしょと、あたりをつけ角を曲がると、「あった、これでしょう!」
ショーウインドウらしきところで、コーヒー豆が焙煎されている。
下町の工場のような、グングングングン・・・という音がBGMのように心地いい。
扉を開けると、こざっぱりとした店内。棚には、オーナーの奥様が作ったという、器が並べられている。
コーヒーのアロマが店内に広がり、注文したコーヒーが今どんな様子なのか、とっても待ち遠しい。
ネルドリップで入れたコーヒーは、濃い目のコーヒー。
ミルクとシュガーがいっしょに出されたので、
「このコーヒーには入れた方がよいから出してくださったのですか?それともブラックでいただいても良いものですか?」とお聞きすると、苦いだけでなく、あとから甘味が来るので、何もいれずに飲めるのならそれがよいかもとお話してくれた。
オーナーが飲んで欲しいようにではなく、お客様が飲みたい様にどうぞということ。
「ここ、誰も通らないでしょう?」
「めったに人が通りませんねぇ。」
アロマに誘われて、見つけた人にだけ、そのおいしいコーヒーは出されるということ。

盛岡啄木新婚の家の前を通り過ぎ、次の角を左に折れると、器とコーヒーの店 わたなべが見える。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form