野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年01月29日

おいしくできちゃった

1月27日発行、農業共済新聞2010年1月4週号岩手版に、新連載、「野菜ソムリエ おはらかおるさんの おいしくできちゃった」の掲載が始まった。

農済新聞
旬の野菜を使った簡単な料理を毎回紹介する。

野菜ソムリエ おはらかおるさんの おいしくできちゃった 昔から、体に良いといわれる旬の野菜。「岩手版」では、シニア・ベジタブル&フルーツマイスターの小原薫さんに、月に1度、季節の野菜を使った料理を紹介してもらう。 冬野菜のおいしさの秘密 岩手の野菜は、寒さがあってこそ、そのおいしさを発揮します。野菜は水分を蓄えたままだと凍ってしまうため、自ら水分を減らすことで、栄養がギュッとつまったものになります。  あたらない役者を「大根役者」というように、ダイコンはどんな食べ方をしてもあたらない、おなかの調子を悪くしないといわれています。 ダイコンのもつジアスターゼは、消化酵素として知られていて、ダイコンおろしを魚に添えるなど、料理には欠かせませんね。 ●材料(4人分) ダイコン薄切り16枚、ホウレンソウの葉8枚、塩少々※クルミ30g、白ゴマ大さじ1、玉葱1/8個、生シイタケ大1枚、ショウガ1片、しょうゆ大さじ1 ●作り方 ?ダイコンは塩少々を振り掛け、しんなりとさせ、ペーパーで水気をとる。ホウレンソウはさっとゆでる ?※の材料をミキサーやすり鉢などで混ぜる ?ダイコン8枚に?の1/16を挟み半分に折る。残り8枚にはホウレンソウをのせ同様に作る。 プロフィール 小原薫(おはら・かおる)=盛岡市生まれ。2007年からIBCラジオ(IBC岩手放送)「野菜の気持ち」のパーソナリティーを務め、各地で料理指導を行うほか、食に関するレシピ開発、作曲活動も行う。著書に「野菜のきもち」(リエゾンパブリッシング刊)がある。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form