野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年02月14日

野菜ソムリエの料理教室「ベジ鍋」開催!

農林水産省が推進している、「暖房ほどほどお鍋でほかほか・鍋ほか推進プロジェクト」。
家で鍋物をすると、暖房を2度低く設定しても大丈夫だからエコ。
皆が一箇所に集まるから、他の部屋の電気が消せてエコ。
野菜をたっぷり食べられるから健康的。
といいことずくめの鍋料理。
今日の料理教室は「ベジ鍋」開催!

黒胡麻キムチ鍋
とはいえ、水炊きに湯豆腐、白菜に葱と定番はもう皆さん作っていらっしゃるだろうし、野菜ソムリエの料理教室として、受講生の皆さんに、「わーっ」と言ってもらえる、ポイントを作って、鍋に仕上げないとね。
一つは、「黒胡麻キムチ鍋」。赤いと思われがちなキムチ鍋を、すり胡麻と合わせて、黒鍋に仕上げた。
牡蠣は、しょうがと白葱のみじん切りと、たっぷりのすり黒胡麻、醤油、みりんで少しの間マリネしておく。
こうしておくことで、煮ても縮まらず、プリップリに仕上がる。
美味しい胡麻油で、汁ごと牡蠣を炒め、春菊の軸も炒める。
「わわっ、今まで、軸は捨ててましたー!」
キンピラにしても美味しいから、是非捨てないでね。
お好みの白菜キムチ、中華だし、水で味を整え、白葱、しめじ、木綿豆腐も温め、仕上げに、軸からちぎっておいた春菊の葉を、これでもかって言うくらいのせ、ほとんど生のうちにいただく。
火を通してしまうとクセが出てしまう春菊も、ほとんど生なら、あら不思議、いくらでも食べられる。
トマト鍋
もう一つは、今流行の「トマト鍋」。
オリーブオイルなどを使って、イタリアンに仕上げる物も多いが、トマトは和風でもとっても美味しい。だから、今日はトマトの缶詰と麺つゆ、塩味ラーメンのスープで味をつける。
トマトには、不思議に白菜と白葱の組み合わせではなくて、キャベツと玉葱が合う。
ポイントはれんこん入り肉団子。袋に入れたれんこんを麺棒で叩いて豚の挽肉に混ぜて塩コショー、醤油で味付けおだんごにすると、時々シャクッ、ふんわりの肉団子が出来る。
少しすりおろして、片栗粉とあわせて、れんこん餅も一つずつ。
生椎茸、えのきもいい。
こちらは具をいただいてから、ラーメンでしめ!
乾麺を使うと、おいしい出汁の出たスープをみーんな吸いきってくれるから、乾麺がおすすめ。
全部汁が無くなったら、とろけるチーズでとろみをつけて。
「先生、これ今晩絶対します」
「肉団子ってあまり好きじゃなかったんだけれど、これおいしい!」
そうね、だんごの半分強が野菜だから。
キムチとしょうがで、皆ぽかぽか。
笑顔が集まる中心に、「ベジ鍋」。会話して食べましょうね!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form