野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年02月17日

にしん御殿

なかにし礼作詞の「石狩挽歌」という歌を御存知だろうか?
♪あれからにしんはどこへ行ったやら?
そこに歌われた、にしん御殿、小樽貴賓館、旧青山邸を訪ねた。

にしん御殿
日本海を見下ろす祝津の丘に、にしん漁で巨万の富を築きあげた、青山家の別邸があった。
にしん御殿とはよく言ったもので・・・ため息がでる。
母屋へ入る前に靴下が渡された。
美術品などを傷めないように、暖房していないんだな、なんて思ったら、廊下が春慶塗。
各部屋の襖絵、調度品、着物、器、洋間や枯山水・・・
このスケッチを見たければ、「花より男子」の17巻に主人公の家として登場するので、ご覧になるといい。
母が、
「私が子供の頃は、毎日にしんだった。数の子なんか珍しくもなくてね。にしんがたくさん獲れたんだろうね。」
この青山家が隆盛を誇っていた頃、一晩で今の金額にして、25億円も獲れたのだそうだ。
漁師さんが、魚にうまっている当時の写真がリアルだ。
二代にわたって栄華を極めた青山家は、その後、家を維持することも出来なくなり7年間放置されたのだそうだ。
あれからにしんはどこへ行ってしまったのだろう。
流氷を見に行ったオホーツクの海では、流氷は嫌われ者、だって漁が出来なくなるから。
でも、そのお陰で乱獲を防ぐことが出来、今でも豊かな海でいられるのだと話していた。
過不足なくあればいい、それでも幸せだった私たちの心は、いつからか、たくさんのものが無ければ、満たされなくなってきた。
満たされても、満たされてもまだ足りない。
こころもあの頃に戻れたら、ほんの少しの楽しいことが、ものすごい幸せに感じるに違いない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form