野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年02月19日

盛岡ライオンズクラブ ゲストスピーカー

ホテルニューウイングで開催された、盛岡ライオンズクラブ様の定例会にゲストスピーカーとしてお呼びいただいた。

ニューウイングランチ
この厳しい時代に、各企業のオーナー様として、日々御奮闘の皆様に、今日は少し笑っていただいて、御自分達がリーダーシップを健康な御身体で発揮していただけるよう、お話をさせていただいた。
お話だけで実はおしまいと思って伺ったので、私の昼食も整っていて、美味しくいただいた。
メインの白身魚、ソースはレモン風味のソース。マッシュポテトの上にはプチベールが添えられ、プチトマトがまるでほおずきのような形で添えられていた。様々な野菜のチップが皿の上に散りばめられキレイ。ちゃんと食べたかったのだけれど、小さすぎてちょっと食べにくくて残念。
サラダはほうれん草にトレビス、トッピングにカリカリベーコン。
スープはクラムチャウダー。
メロンとグレープフルーツ、いちごのプレートがついた。
同じものを食べることで、話も弾む。今の家庭での問題点は、家庭のテーブルで起こる個人の個と書く「個食」だ。
同じものを食べることで、その食べ方を知り、旬の味を知る。
好きな物だけ食べる、頑固の「固食」。季節問わず同じ物を食べていれば、旬の恩恵を体に摂り入れることは出来ない。
帰りに、サービス業の方が、
「これはまさに自分の所の社員に当てはまる。是非社員の為に、お力添えを」というお話をなさった。
確かに、人の食事をサービスする側は、いつも不規則な食事に直面している。
それでも、その方達が、豊かな食生活を送るために何が出来るか、具体例を考えて御提示できればと思った。
食事を提供する時、それは主婦と言う立場もある。
ふと考えると、「美味しかったよ」「おかあさんのこれが好き」そんな言葉が、次への力になっているのではないだろうか?
お金を払っているのだから、サービスを受けて当たり前ではなく、それに対する感謝をする、こちらからのアプローチも忘れてはいけない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form