野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年02月22日

ダージリン飲み比べ

紅茶ステップアップクラスは、手に入ったダージリンの茶園ごとの飲み比べ。

ダージリン
ティーセミナーを依頼されると、よく「紅茶の飲み比べをしたいのですけれど」というお話をいただくことがある。
でも、これが結構難しい。実際特徴のある世界三大紅茶、ダージリン、ウバ、キームンだって、普段飲み慣れない方にとっては、紅茶でしょって事になりかねない。
今日のクラスは、紅茶を長くやっているクラスなので、これもありと、ダージリンの茶園飲み比べを行った。
ダージリンのスッキリした苦味は、和菓子によくあう。
ダージリンの駅に程近いマーガレットホープとキャッスルトンでまずは飲み比べ。
マーガレットホープはまるでファーストフラッシュのような色合い。キャッスルトンは綺麗な赤褐色。
「香りなら、マーガレットホープ、スッキリした苦味はキャッスルトンかしら」
続けて、ナグリとサングマを入れる。
さらに薄い色と、あまりパンチの無いナグリと、マーガレットホープには負けるものの甘い香りのサングマ。
「ナグリはなんだか懐かしい味がします」
確かに、はと麦茶のようなお湯が丸くなったような味が飲みやすい。
それにぬるく冷めてくると渋味も出てくるという、大器晩成型?
「きっと、たいしてどうってこと無い感じという意見に奮起して、冷めながら美味しくなったのかしら?」
なんて笑った。
さてさて、トータルでこんなにも好みが分かれる紅茶。どのダージリンがお好みになるのだろう。
私の今日一は、キャッスルトン。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form