野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年03月10日

ラ・クチーナ・エスプレッサ

「素材を活かす炎のチカラを知ろう!炎と食材のいい関係」と題した勉強会が、銀座のスタジオプラスGで開催された。

まずは、野菜を調理するにあたって、どんな方法が一番美味しさを引き出すのかというお話を、東京ガス「食」の情報センターの方から、データを交えて教えていただいた。
ゆっくり加熱することで、野菜の甘味が増しておいしくなるとは知っていても、いったい何度がベストで、どういう調理方法がベストなのかというところが、説明するには難しいところだったが、それを40度から60度を土鍋で調理すると、ゆっくりと上昇するので、酵素が働き、でんぷんがうまく糖に変化すると言われれば、なるほどと納得がいく。
また、煮えるということは、ただ単に柔らかくなるということだけではなく、硬化して、軟化するというメカニズムで、これが50度から80度をゆっくりと加熱することで、まず硬化が起こるため、煮崩れない。
これまた納得。
といった具合に、全ての調理法に、炎と調理器具との関係が大切になってくる。
調理実習は、五感をフルに使って作る、スピード同時調理、ラ・クチーナ・エスプレッサ。
4品を20分で完成させる。
菜の花パスタ、旬の野菜の素揚げ、新ごぼうのスープ、グリルチキン空豆添え、デザートにブルーベリージャム
あちらこちらの下準備をしながら、どんどん調理。全てが熱いまま綺麗に出来上がる、ラクチンな料理は教室でデモで見てもらおう。
知るを刺激されると、思わず笑いたくなる。
家族との語らいを作るイタリア流簡単料理のすすめ、これは私がイタリア料理で感じていたこと。
帰り道、頭の中でレシピがぐるぐる駆け巡った!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

御蔭さまで、世界中から一日平均300アクセス達成しています。

師匠のおかげです。


ティータイムBGMにどうぞ!

http://www.freepe.com/ii.cgi?jinkenjiji
→エレクトーンarrange ページより進んで下さい。

http://www.youtube.com/user/picojinke#
→マイ動画(3月10日現在144タイトル達成。

あなたの音楽が、皆さんを楽しませてくれますように!

  • kaoru
  • 2010年03月13日 09:39
comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form