野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年04月19日

台北 その3

旅行の楽しみは、食。
現地で食べられている物を味わうというのが、大きな目的でもある。

朝食
私達が宿泊した、新仕界飯店(ニューワールドホテル)。ホテルを飯店と著すのも面白い。
ここは、朝食が現地の食事のビュッフェだったので、私としては大満足。
コンチネンタルを想像してきた観光客にとっては、「なんだよ、食べる物ないじゃんか。」状態。
チンゲンサイの炒め物、玉葱の卵とじ、厚揚げ豆腐の煮物、油揚げのような煮物、湯葉のような煮物、魚らしい甘辛のもの、でんぶ、きゅうりの漬物、新ショウガの漬物、豆の煮物、春雨か、野菜の細切りの炒め物、ごぼうとクコの実のスープ、白飯か白粥。飲み物は烏龍茶。
一見するとお腹がすきそうなメニューだが、一通り食べると満腹になる。
どこにもあって、とても安い、牛肉のそぼろがかかったご飯。日本円にすると60円くらい。
これしか具がかかってないの?と思うのだが、じつは汁だくで、かきこみたくなる丼だった。
ジャージャー麺
ジャージャー麺も、麺は素麺っぽく、汁がはってあった。
このピリカラ味噌が、何とも癖になる。
鶏肉とそれをベースにした白いスープは、香草も入って、なかなか独特。一口目は美味しいのだけれど、そのクセが、最後まで食べることを妨げる。
どこでも香ってくる、八角の香りは、少しずつ少しずつ慣れていく気がしたが、臭臭豆腐は今回はチャレンジできなかった。
珍しい果物にもチャレンジ。どれもはずれが無く美味しかった。
よく水洗いをしてくれると、逆にそれが危ないのではと思ったが、お店のおばちゃんのおもてなしと思えば、パクパクと食べることができた。
価格交渉しながら、食べる市場も楽しくて、癖になりそうな台湾だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form