野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年08月09日

うに丼 時価

全国訪問おはなし隊、私の担当は洋野町立種市図書館様。
以前健康講演会でお邪魔させていただいたときに、昼食に初めて、ほやの天ぷらを食べたことを思い出した。

キャラバンカー
遠くまで出かけるときは、どんなところかしら、どんな子供たちだろう、楽しいイベントになりますように、様々考えるわけだが、もう一つの楽しみは、「食事何にしようかな?」。それも一つの楽しみ。
おはなし隊の隊長さんも東京からいらしているので、「何がおいしいの?」はご挨拶。
盛岡出発は6時、大好きな、キャラバンカーに乗せていただいて一路久慈市へ。
車の窓を開けて移動すると、少しばかり風が秋の香り。
種市へ向かう途中、うに丼ありますののぼり。
ここでしょう・・・という心の呟きが聞こえたのか、ウインカーが出され、種市磯料理喜利屋へ。
うに丼
「やっぱり、ここまで来たんだから、うにでしょう!」と隊長さん。
「で、で、でも、時価って書いてありますよ。」以前時価で、5000円札がひらひらってことがあり、ちょっとビビッて聞いてみると、今日は、1500円と2800円とのこと。
果たして違いは!
もちろんご飯の上のうにの量が多いことと、味噌汁が、あわびとうにのいちご煮に変わること。
私は1500円を、隊長さんはいちご煮つきの2800円をいただいた。
結構な量で、私は大満足。隊長さんも、お腹いっぱいと言いながら、美味しいと平らげた。
「もうすぐ、季節も終わります。」
うにの季節が終わるという言葉に注文したが、この口どけと、甘さ、やはり海の近くならでは。
旬は、栄養だけでなく、様々な効果をからだにもたらす、こんなときに実感する。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form