野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年09月20日

ナマステー

インドの埃と、香りとともに、帰国した。

二度目のインド。前回は紅茶の旅だったが、今回は、ローカルチャイや、街中のサロンや、ホテルのサロンの紅茶をはじめ、ペアリングされているものや、どんな層の人々が、何を求めているかなど、多岐にわたってのリサーチが目的。
行程は、デリー、タージ・マハルやレッド・フォートで有名なアーグラー、ブッダがはじめて説法をしたといわれているサーナルートやガンジス川のあるバナーラス、ブッダが覚りを開いた、マハーボディー寺院、ブッダに断食のあと、ミルク粥を差し出したスジャータ由来のスジャータ村のあるブッダガヤー、以前の首都コルカタ、そしてデリーの11日間。
感動という文字では表しきれない、タージ・マハルや、ガンジス川、世界の車窓からのような、夜行列車の旅、ストライキで、5時間も待たされた、ホームでの驚愕な出来事、あぁ、自分はまだまだ人間が出来ていないと感じた、インドの大きさ、庶民の味チャイ、カレーを習いに行ったことなど、明日からまた・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form