野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年10月15日

dashi cafe

味の素が提供している、有楽町のだしカフェに行ってきた。

だしカフェ
今日のおだしは、カツオと昆布の一番だしと、にぼしのだしの2種類。
お客様は、そのどちらかを選ぶ。
私は一番だしを。こちらはお吸い物で、手まり麩が一個浮かんでいる。
友人は九州出身ということもあって、にぼしの味噌仕立て。こちらには油揚げが浮かんでいる。
小ぶりの椀に、ほんの100ccほど。
お互いに香りの違いを味わい、そして口に含んだ。
私のお吸い物は、まずかつおがきて、コクッと飲んだ後に、こぶが広がる感じ。
二人の口から、思わずフーっとため息が漏れた。
「おいしいね」
「でもこれじゃ、主人には薄いって言われそうやね」
はぁ、この大切さはわかるものの、アンケートの問いに、料理をしたくなりましたか?という設問があった。「これは、バツだよね」
残念ながら、世の中、美味しさと、自分が作るということがリンクするのは、なかなか難しいと感じるのは私だけだろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form