野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年10月01日

夢グルガオン

インドでの最終日はデリー郊外の、新興商業地グルガオン。
ここでの、市民の懐事情や、飲食事情をリサーチ。

今回の旅の目的の大きなテーマでもある。
デリーで朝から、小さなマーケットで小物を探したり、紅茶屋を巡ったり、郵便局でしかも中央郵便局で手間取ったり・・・というとカッコいいが、結局未だに理由がわからぬまま、エアーメイルは出せなかった・・・と、昼過ぎにグルガオンに着いた時には、まずお茶!という気分だった。
見上げると、カフェなるものを発見。
「やっぱりリサーチよねぇ」いやいや、腹ごしらえ?
インドでは珍しく、レモンティーがある。しかもレモン二倍のレモンデモン。相棒がレモンデモンを、私はアッサムをミルクで注文した。
ケーキはチョコレートケーキにアイスのトッピングを注文したのだが、今日はブラウニーしかないとのことで、それを注文した。
二人の目の前には、どう見ても白湯が置かれ、相棒のレモンデモンは、ものすごく酸っぱいお湯なわけで、ほうほう、ティーバッグをセルフでってことね。
私にはラテ用のふわふわのミルクがもう一つのカップに出された。かき混ぜるスプーンは、ちゃんと混ぜる側を持って、ってダメでしょう、そこ持ってお客様に出しちゃぁ!
と言って、別に怒っているわけではなく、なんとなくインドだからと飲み込めてしまう。
たとえ、メニューの写真にトッピングのアイスが二つで、私の目の前には、一つだとしても・・・ううっ。
こんな事も、あんな事も、ここで気持ちよく人が過ごせる仕組み、なんとなく目の前に浮かんでくる。
また、ここにきっとやってくる。夢グルガオン。

相棒
夫婦もそうだけれど、見つめ合っているばかりではなく、同じ方向を見て歩き出す時がやってくる。
もうすでに、相棒とは同じ方向を向いて歩き始めているようだ。
彼女が素敵な時間と美味しい紅茶を提供するのは、福岡県柳川、紅茶の店RiverFiow

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form