野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年10月03日

インドのカレー講習会

月に一度のべジフルクッキングサークルは、本場インドのカレーとチャパティー。
ピリッと辛いカッテージチーズのカレーと、食べやすいじゃがいものカレーを作った。

インドのカレープレート
まずは全粒粉を多く入れた配合の粉でチャパティーの生地をこねる。
「必ずみんなさわってみてね!」14人がこねこね。人がやるのって、なんだか簡単そうだけど、自分ですると・・・一まとまりになったら、ねかせておく。
次にピスタチオのクッキー。インドのデザートはちょっと独特で万人の口に会うのかどうか、疑問符がつくので、オールスパイスを入れた生地に、ピスタチオを入れてサックリクッキー生地を、冷凍。
それから半分に分かれて、まずじゃがいものクッキー、そしてカッテージチーズのカレーを作った。
カッテージチーズは、インドでは汁にはいった豆腐状だったので、日本のものではぽろぽろに崩れてしまいそう。そこで考えたのが、木綿豆腐を水切りして加えるというもの。
食感がなんともカッテージチーズ。
こちらのカレーは、青唐辛子入りなのでわりと辛い。その途中で、シンプルな豆腐が口に入ってくるのは、麻痺した舌に嬉しい。
サラダはキャベツの千切りに、ライムを搾り、ライムが酸っぱい分グラニュー糖を少し、マヨネーズを少し加え塩で味を整える。その周りには薄切りのきゅうりと、にんじん。ううんインドっぽい。
口が辛くなると、生の何もつけないきゅうりやにんじんが、救世主に見える。
タージベンガルホテルブレンドのアッサムは、インディアンミルクティーにしていただいた。
みなさん、様々な形にできたチャパティーは、膨らんだり膨らまなかったり。
でも、自分で作ったチャパティーでつまむカレーは間違いなく美味しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form