野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年10月14日

変化すること

最近、私達の体温の低下が、様々な身体のトラブルを招くという話をきく。
そんな時、旬の野菜が、身体を温めたり、また自然のクーラーの役割をするのだというお話をさせていただく。
だから、その季節のものを食べなさいと。

茶葉料理
これは、短期間の間に、私達の食生活が変わってきたことに大きく関わってきているのではないだろうか。流通手段が発達し、南の国の食べ物も、手軽に食卓に届くようになってきた。また、私達が、いつでも食べたいというニーズに合わせて、1年中食べることが出来るようになった野菜は、その季節に食べてこそ備わっていた力を、存分に発揮できない状態になってきているのではないだろうか?
この体温の低下、それによって落ちるといわれている免疫力を、食べものの摂取の方法を変えて、もしくは少し昔の食べ方に戻して、取り戻そうというのが私の考え方だが、今日の講演で、「人間は免疫力が低下しても良いほどの環境の中にいるから、現在のように体温が変化してきたのではないのか。」というお考えをお持ちの方に出会った。だから、今の高齢者と、子供達の身体を同次元で話すのはどうなのだろうというものだ。
確かに、深海にすんでいたら、光を感じる必要がないから目が退化したとか、人間の尻尾がなくなったとか長期間かけて変化するというより、順応と言う言葉がふさわしいのかもしれない。
果たして、たったこの、20年ほどの食生活や無菌状態の生活で変わってしまったこの状況を、この方が良いから順応したとはいえないだろうかと言うのは、いささか考えさせられる。
だから食べることを論じても、それは、熱に解熱剤、頭痛に鎮痛剤を処方する、対症療法に過ぎないというお考えもあるだろう。
すっかり昔に戻ることなど出来ないにしろ、その昔ながらの知恵、日本人本来の身体にもどしていくべきと考える私とは、折り合わない。
低体温でいることのデメリットは、私達人類の歴史の中でのほんの数十年。
低体温でいることのメリットに適応して、そうだったとわかるのに、きっと途方でもない時間を要するに違いない。それを見届けることが出来ない今、どちらを選ぶのか、それは自分自身にかかっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

こんにちは!久々のコメントです。

 「生息地への順応」と「感覚器官の退化」
どちらも環境に左右されて起こる変化なのでしょうかね?
眼や耳には入っても情報として認識しない事もあるでしょうから、人は進化しているのでしょうか?退化しているのでしょうか?それが不思議です。
「身体づくり」にも自覚が必要ですね!

  • NORIくんちゃん
  • 2010年10月15日 10:44

かおる先生、昨日は先生の野菜のことはもちろんのこと、私たちの体と心のお話や、その季節の旬のお野菜を食べることなどなど、わかりやすくお話いただき、ありがとうございました。

私は、昨日のセミナーでの自己紹介にて、「7月中に体調不良となり、食べられない日々を過ごした」と申し上げた、奥 晴美です。

かおる先生のお話は、どれも「へぇ?」と、新たな情報ばかりで、とても興味深いものばかりでした。
一番印象的だったのは、実は、「落花生」のお話。
「落花生」はその名の通り、花が土に落ち込んでに植わって、できるなんて!!
なんだか、すごく愛おしいな。。。と感じました。
そのように、野菜がどんなふうに育って、私たちの手に届くのかを知っただけで、野菜がとても尊く感じられたんです。
「食べる」という時になると、野菜ひとつひとつに感謝したくなる気持ちがわいて、さらにおいしくいただけているような気がします。

まだまだ、感想は書ききれないぐらいありますが、今後ともかおる先生のご活躍をお祈りするとともに、先生からいろいろ学んで行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

NORIくんちゃん様、お久しぶりです。秋の果物の具合はいかがですか?
今の世の中、本当は何がいいのか、本当にこれでいいのか、いつも考えさせられます。
全てが壊れてなくなっていくって、あっという間ですよね・・・こわい!


はるみ様、昨日は、おいでくださいまして、ありがとうございました。

たとえどんなに小さなことでも、知る喜び、わかる楽しさ大切ですよね。
落花生のお話をして、なんだかいとしいと感じたことを、
誰かに伝えたら、きっとその人も、心がふんわりとするのではないでしょうか。

きっとかかえきれなくなった心が、身体にも影響を及ぼしたのでしょう。
あなたの身体は、あなた自身の好きなもので出来ている。
それに気づいたら、身体の喜ぶこと、
心が満たされること、してあげましょう。
まずは自分のために、そしてその思いが人のためになっていくのだと思います。

また、どこかのセミナーでお会いできますように。

  • kaoru
  • 2010年10月15日 20:37
comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form