野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年10月30日

糖尿病予防キャンペーン

「こころ」と「からだ」の健康フェスタで、素晴らしいエレクトーン演奏と、こころと食のお話をしてくださった、岩手医科大学心療内科医師、鈴木順先生が演奏をされるということで、糖尿病予防キャンペーン東日本地区講演会に足を運んだ。

「膵臓ベータ細胞に優しい、良い生活習慣で糖尿病予防」というかたいテーマがついていて、わかるだろうかと若干心配もあったものの、「こどもの肥満を減らそう」「働き盛りのストレスと糖尿病」「ゆっくり噛んで糖尿病予防」「糖尿病予防キャンペーン:母子を糖尿病から守る」など、身近な部分だったので、ついていくことができた。
それにしても、どの先生も、「こころ」の部分が病気には非常に関与しているということをおっしゃったのには驚いた。
また、中高生で肥満傾向があると、成人になってから80%が肥満になるというデータや、妊娠してから母体が糖尿病とわかると、12%もの確立で、胎児に何らかの奇形を及ぼすというのもショッキングであった。
こころにいい音楽を。鈴木先生の演奏は、さらに大きなホールだったので、パフォーマンスが冴えた。

珍しい野菜
帰りに入り口で野菜を発見。こちらも、健康フェスタでお世話になった、医師でシニア野菜ソムリエ宮田恵先生のお店、ひと・花・やさい。
面白い野菜を見つけたので、購入。どんな味がするかしら?そんなワクワクも、こころに効く。
30cmの物差しをはるかに越える長さの小松菜、イタリア食材の黒キャベツカーボロネロ。
カーボロネロは肉を内側に置きくるくる巻いて、煮込みスープでいただいた。
色があせず、煮込んだほうが、苦味が弱まる。
頭もこころもお腹もご馳走様。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form