野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年11月10日

雑穀で脱メタボ

10月に開催した「こころ」と「からだ」の健康フェスタ2010の記事が、農業共催新聞岩手版に掲載された。(2010年11月10日、2010年11月2週号)

農済新聞

雑穀で脱メタボ
盛岡で健康フェスタ
【盛岡市】「こころ」と「からだ」の健康フェスタ2010(主催=こころとからだの健康サポートまめすくて、小原薫代表)がさきごろ、盛岡市のいわて県民情報交流センター・アイーナで開催された。
「脱メタボ宣言」をテーマに、子供のメタボリック症候群の予防について学ぶ親子食育イベントや、肉の代わりに雑穀を使ったメニューを紹介した料理教室が開かれた。
午後は、「明日の自分をみがく、岩手の食財産・雑穀のすすめ」と題して、岩手の文化に根付いてきた雑穀で健康な体づくりをしていこうと、雑穀の魅力や食生活への取り入れ方などを紹介。音楽演奏もあり、参加者はリラックスして聞き入っていた。
シニア野菜ソムリエの小原代表は「3歳以下の子供たちが生活習慣病の予備軍といわれている。雑穀王国と呼ばれる岩手だからこそ、身近な雑穀を取り入れながら、今日の私たちから変えていきたい」と話していた。
【写真キャプション】県内の医師、料理研究家、音楽家が雑穀についてわかりやすく説明した。左端が司会の小原代表

写真がとても良くて、舞台上の私達が笑顔なのだから、きっといらした皆さんも、分かりやすかったであろうことが伝わる、そんな写真だ。
私の隣から、医師でシニア野菜ソムリエ宮田恵さん、郷土料理研究家梅津末子さん、オカリナ・フルート奏者中島誠一さん、医師でエレクトーン奏者の鈴木順さん。

「こころ」と「からだ」の健康フェスタは、この形のまま、各地へ出向き開催させていただきます。
県内外問わず伺いますので、お問い合わせくださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form