野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2010年11月30日

タネの哲学?いのちの種を未来に

農畜産業振興機構の第3回野菜セミナー、「タネの哲学?いのちの種を未来に」で、野口のタネ野口種苗研究所の野口勲氏のお話をお聞きした。

在来種
野菜を植えようと思えば、種屋さんに行って種を買ってきて、それを撒く。でもよく聞かれるのが、美味しい野菜が出来たからといって、その野菜からとった種をとっておいて、次の年に植えても、決して美味しいものにはならないということ。買ってきたときは、姿も味も良い野菜が出来て一代限り、これがF1とよばれる種で、現在ほとんどの種がこうなっている。野口さんは、固定種という、自家採取すれば親と同じタネが採れる、昔ながらのタネにこだわって作っていらっしゃる。
大量に、形も味も均一に出来るF1が出来た背景には、やはり私達生活者のニーズに生産者さんがこたえるといった構図が見える。
このF1を作る過程を、もし人だとしたらこんなことをしているという例えは、わかりやすくもあり、雄しべの機能をなくしてしまうなど、考えてみると残酷ともいえる方法で、新しい品種を作り出しているのだと思うと、切なくもあり、空恐ろしくもなった。
今、私達は、今遺伝子組み換えに関してぴりぴりと反応しているが、その前にもう既に種自身に手を加えていることにも気づかなくてはならない。
良い野菜を選ぶのに、この種は健康なのか、そんなことまで考えて野菜を選ぶなどという日が来るのかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form