野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2011年01月21日

ふらり新青森

昨日東京へ日帰りしたチケットが、3日間有効のチケットだったので、新しく出来た新青森までふらりと出かけた。

おみや
「シジミの味噌汁が食べたい!」というのが母の希望。
新青森の駅ビルあおもり旬味館で、しじみのスープのラーメンがあるらしいし、大間のまぐろ丼の吸い物に出てくるかもしれないしと、何はなくても、しじみね。
盛岡以北、八戸だけ停車する新幹線にちょうどよい時間、着いたらちょうどお昼だと、指定券をとろうとしたら、驚く事に、満席。それでも50分ほどの道のりだしと、デッキで立っていくことにした。
デッキがぎっちりの人で二度びっくりした。
着いてお土産、特産品ゾーンにまずは直行。そこで、インスタントシジミの味噌汁を発見。シジミの密封(12粒ほど入っている)と味噌のセットだ。熱湯を注ぐと、貝がパカッと開くすぐれもの。
これを見つけたので、母はとりあえず満足。
なのでお昼はB級グルメの黒石汁焼きそばをチョイス。お味?・・・B級ですから。
ねぶた
せっかくなので、青森まで一駅移動して、ねぶたを体感できるというワ・ラッセへ。
ねぶたの迫力と美しさに見ほれてしまった。それに製作途中の様々な部品に、手を触れる事もでき、祭りの間ではこんなに間近で見ることが出来ないかもと、穴が開くほど見た。
古川の市場で、中トロの小さいサクと、大好きな筋子、今度料理教室で使う昆布を購入して新青森に戻った。
気になっていた嶽きみ、りんごを柔らかいままに加工したお菓子、海峡するめをさらに購入して、ノンストップで盛岡まで戻ってきた。
不思議な事に、盛岡の風が、あまり冷たくないと感じた。
青森の雪は横に降り、まるで発泡スチロールを崩したように、コロコロと地面に落ちた。
こりゃ、厳しい寒さだわ。短時間の青森食べつくしの半日だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

「ふらり旅・青森」北はいいですよね。
私も昨年「ふらり旅・函館」行きました。食材がいいですよね。「ふらり旅・岩手盛岡」行きたいです!小原先生流おすすめコースをお聞かせ願えませんでしょうか?!

  • mimizuku
  • 2011年01月24日 23:27

桜の頃の小岩井農場から、一本桜にかけて「熊に注意!」の看板を見ながら歩くのは、気持ちがいい。
今の季節は、つるつるで歩きにくいけれど、駅近くの川や、高松の池で白鳥が見れます。
昨日も隊列を作って鳴きながら飛ぶ白鳥、見上げました。

  • kaoru
  • 2011年01月24日 23:39
comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form