野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2011年03月25日

ヒュッツポット

オランダは食事によくじゃが芋を使うようです。
このヒュッツポットはいわば、オランダ風のマッシュポテト。

オランダは歴史的背景や、宗教的背景により、質素を旨とするお国柄ですから、華美ではなく、家庭料理の延長がそのままレストランで出される、そんなお料理です。
特に食べるものがなかった時に、国民を救ったじゃが芋料理は欠かせないそうです。

コロッケ
ヒュッツポットを食べに行ったのに、なんとその前に出されたのが、ポテトコロッケ。しかも、まるでクリームコロッケのように、ペースト状に伸ばされたじゃがいものコロッケでした。
じゃがいも食べるのに、前菜もじゃがいも?しかも、結構なボリュームで、お腹はちょっと膨らんできました。

そしてメインのヒュッツポットです。
肉などと一緒に煮て、その旨みをたっぷり吸わせたじゃがいもとにんじんを、とろっとろに潰していただきます。まぁ、それにしても、このじゃがいもの多いこと。そして、20?もあろうかと言わんばかりのソーセージと、たっぷりのドミグラスソース。
ヒュッツポット
半分ほどで、ギブアップです。

この先も、魚のムニエルには小さいじゃがいもが、丸ごと茹でて出され、軽食にはじゃがいもを6つにカットした大きさくらいの、大きなフライドポテト、サラダにも、もちろんワーテルズーイというクリームシチューにも、ありとあらゆる調理法で、じゃがいもは供されました。

様々な野菜に制限がされている今、こんな外国の上手な食べ方を見習ってみるのも必要な事かもしれないと、写真を見ながら、ふと考えてしまいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form