野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2011年10月26日

黒に近いよもぎ大福

朝から新幹線で七戸十和田へ。
平成23年度受け継がれる食文化ととわだの魅力的な食材活用研修の中の「郷土料理が受け継がれる理由」の講師を担当させていただきました。

十和田のいろいろ
実際は、郷土料理って何?そんなに家で郷土料理らしいものは作っていないな・・・というものではないでしょうか?
そのあたりから、何故受け継がれなくなってしまったのかという部分を、その生活の背景、食環境の問題点を考え、受け継がなくてはならない理由を考えました。

祖先の命と健康を支えてきた郷土の伝統食は、私たちの健康食でもあります。
そのまま伝承するのか?それともアレンジを加えて発信するのか?
岩手県で私が取り組んだ、郷土料理のアレンジ方法を例に、ご紹介させていただきました。

たっぷり2時間の講座のあと、七戸十和田の駅前の産直に寄らせていただき、ちょこちょこお買い物。
美味しいしじみを真空パックした簡単味噌汁は、いつも出かけると購入する定番です。
あまりのヨモギの濃さに、驚いて購入したよもぎ大福。黒に近いほど練りこんであり、これがこのあたりでは普通というから、更に驚きです。
ごぼうは甘酢漬けを。絶対おすすめの言葉に誘われて購入です。
先日東京のきのこのイベントで開催されたOisixさんのおっきいなめこ以上に、ばかでっかいなめこは原木。松前漬けの素のような、これまたこの辺ではポピュラーといわれる、ぬるぬるネバネバ系を。

どんなお味かって?
帰っておやつに、よもぎ大福をいただいたところ、おなかが一杯になってしまって、あとはおあずけです。
よもぎ大好きさんにはたまらない、濃い?よもぎ。おいしゅうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form