野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2011年12月09日

ベジフルティーチャー in 山形

青果物健康推進協会の自主事業、「野菜博士になろう」の授業が、山形第一小学校で開催されました。

ベジフル授業
仙台まで新幹線で、仙台からは初めてバスで移動しました。
すっきりと晴れた山形で、元気な5年生に出迎えてもらいました。
「山形の子供たちは、シャイでおとなしい」と、山形に住んでいる方から聞いていたので、キラキラした目で、まっすぐ手を挙げてくれる子供たちに驚きました。
ゲストスピーカーは、JAの鏡さん。地元の伝統野菜についてお話して下さいました。
「だだちゃ豆の、だだちゃは、どういう意味かわかるかな?」と質問。
「方言で、おとうさんという意味なんだよ」と教えて下さいました。
子供たちよりも、大きな声で、「へぇ~!」と言ってしまいました。野菜の名前の由来を知ると、ますますその野菜がいとしくなります。

5年生は食育に力を入れている学年という事で、とても内容の濃い授業で、是非また来てほしいと、担任の先生、校長先生に言っていただき、充実した時間を、私も過ごさせていただきました。

鳥そば
その後、さくらんぼ東根で、果樹園を経営していらっしゃる、今田さんを訪ねました。
もう、果樹園には何もないとのことでしたが、いつもいろいろ気遣いをして下さる、今田さんに会いにというわけです。
仙台で、中級の野菜ソムリエ講座を一緒に受講した仲間です。
生産のプロですから、私がわからない時はいつも教えてもらう、ブレーンでもあります。

見せる果樹ももう無いと、取り計らってくれたのが、B級グルメでなんでもテレビに出たばかりの、一寸亭の「肉そば」を食べにに連れて行ってくださいました。
私がいただいたのは、やはり野菜の入ったバージョンの鳥そば。野菜なしが肉そばです。
これがなんと、冷たい、しかもおいしい!
いつもなのですが、B級ってなんだかもったいないおいしさです。
「冷たいラーメンっていうのもあるんですよ」
「へぇ~」

そとは、もっさもっさの雪でしたが、話は短時間でヒートアップでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form