野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2011年12月11日

根菜のアンチョビソース

12月のベジフルクッキングは、やはり、クリスマスの使えそうな料理をご用意しました。

根菜のアンチョビソース
根菜は塩を入れて茹でるだけの、温野菜。
どの野菜をいつ入れるのか、それだけがポイントです。
人参は5mmほどの厚さの半月切り、れんこんはもう少し厚くてもよいでしょう。長いもはさらに厚く1cm弱。かぶはかわいらしく葉を少しつけたまま、縦に4つ割りに、ブロッコリーの軸もちゃんと薄切りして下さい。
根菜は水から茹でます。でも、れんこんやごぼうはアクがあるので、お湯からです。
さぁ、どんな順番で茹でますか?
水に塩を加え、人参を入れて茹で始めます。沸騰したら、れんこんを入れ、再び沸騰したら、れんこん、かぶ、長いもそして、最後にブロッコリーと茹でて、あとはざるにあげれば、出来上がりです。
この時間差攻撃がコツ。そしてそのままでも、少しだけアクセントにドレッシングもいいですね。
今日は、アンチョビをベースにしたソースを少し。
これが、野菜のおいしさを更に引き出してくれます。

魚介のグラタンは、パン粉にちょちょっと細工を。香りのハーブ、にんにくを混ぜて、生の魚介にのせるだけ。焼き時間たったの6分で、魚もふっくら香りよく仕上がります。

柑橘もお好きな柑橘を選んで、ワインとローズマリーにマリネするだけ。
「食事の最後にいただくと、スッキリするデザートですね。」と好評でした。

よかった、生のローズマリー、今日まで枯らさないで管理できて。

パスタは、ゴルゴンゾーラが苦手なので、パルミジャーノを使ってクリームパスタに。

いつもながら、皆さんのおいしいお顔が、私の励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form