野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2012年01月21日

ようこそイヴさん

手づくり村へ行くバスの中、バッグパッカーの外国人は、大概手づくり村へ行くお客様。
同じバス停で降りて、あたりをキョロキョロ。
「こちらですよ」と促がして、建物までご案内しました。

イヴさんはパリからいらっしゃったそうで、日本の事をウェブで発信し、日本に沢山観光客が来て欲しいと思っているそうで、今日は、南部鉄瓶や、浄法寺塗りや、南部型染め等を取材したいとのことでした。
イヴさんと
歴史やら様々な事を教えて欲しいということで、俄かガイドになり、手づくり村をご案内しました。

一番興味を持っていた南部鉄瓶は、ちょうど真っ赤に焼けた鉄瓶が、火の中から取り出されるところを見ることが出来、私自身もラッキーでした。
職人さんの手さばきに、目をキラキラさせて、「スバラシイ!」の連続で、それに応えるかのように、職人さんたちも、沢山説明してくれるものだから、私としては、「ワオー、それはどうやって表現したらわかるのさぁ」状態でしたが、何とかお役目を果たせたようです。

薄くて軽くて暖かい、ホームスパンのマフラーを欲しいという事になり、赤に黒のラインの入ったものをお選びしました。

「今日、あなたがいる時に、手づくり村に来れて良かった!」嬉しいお言葉をいただきました。
ねっ、私の笑顔もいいでしょ?

パリでは、今の日本は危険だからと、反対する人が沢山いたそうです。その中で、何とか力になりたいという思いで、今回も日本にいらしたそうです。福島にも行かれたそうです。
ウエブサイトでは、イヴさんのフランス語のレポートを、日本語に翻訳して下さる日本の学生さんや、生徒さんを探しています。
イヴさんのウエブサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form