野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2012年04月08日

召しませトルコ料理

べジフルクッキングサークルの皆さんに、トルコに行く前に、帰ってきたらトルコ料理講習しますね、と言って出かけたのですが、世界の三大料理トルコの料理のあまりのシンプルさに、メニューをどうしようか、頭をひねりました。

トルコ料理
定番トマトのスープと、ヨーグルトのデザートは一番に決まりました。
トマトのスープは、ホールトマトの缶詰をピューレにして、バターと小麦粉をしっかり炒めた中に入れ、ブイヨンと割って温めるだけの簡単スープ。粉臭くならないように、小麦粉をしっかり炒めるのがポイントです。

ヨーグルトのデザートは、あのこってりとした、生クリームブレンドのような風合いを、水切りという方法で再現し、ケシの実、はちみつ、シロップで煮たいちぢくとあんずと胡桃をトッピングしました。

肉料理を何の肉にしようか?と考えたのですが、やはり豪華に感じる牛肉にして、ミントとオレガノ、にんにくたっぷりでマリネしてグリルしました。
これでもかっ!というミントの分量が決めてです。

添えた野菜は煮込みほうれん草。ほうれん草と玉葱をバターで炒め、トマトペーストと水で軽く煮込めば出来上がりです。

リーキはおまけ、オリーブオイルで炒めてから、水を加え煮込むだけ。トルコの塩湖の塩をぱらりとふりかけて甘さを堪能します。

トルコ料理でよく出てきた詰め物は、ピーマンにしました。
米と玉葱とトマト、他に松の実、ミント、オールスパイスが入ります。これを詰めて、ピーマンの口にミニトマトで蓋をすれば、可愛らしいピーマンの詰め物が出来上がりました。

ざっと1時間半、あっという間に本格トルコ料理の完成です。
トルコのチャイをいただきながら、ミントの爽やかさに驚き、煮込みほうれん草の煮汁の美味しさに感動し、あっという間に、全部お腹に滑り込みました。

べジフルクッキングサークルは、第二日曜日10:00から12:30に開催しております。
会費は2200円(場所代・材料費込み)
次回はキャベツづくしの料理講座、あなたも参加してみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form