野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2012年07月06日

コールラビ

キャベツの先祖のケール。そのケールから派生したのがコールラビです。

コールラビ
ケールは青汁で、最近では皆さんにお馴染みですね。
ケールから一つはブロッコリーからカリフラワーに、そしてもう一系統が、コールラビ、芽キャベツ、そこから葉ボタンと紫キャベツに分かれ、キャベツへと進化しました。
蕪甘藍、球茎甘藍という名前の通り、茎の部分がカブ状に肥大したものを食用とします。
県内で作っている方が、いらしたのですね。

千切りにして軽く塩をして、大葉、みょうがと混ぜて、ベーコンの千切りを炒めて混ぜて、今日はサラダで半分いただきました。
煮込めば蕪の様にトロッとしてきます。後半分は煮込んでスープでいただきます。

それにしても100円とは、ちゃんと商品化して、高く売り出せばいいのにと、いつも岩手の生産者さんには感じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form