野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2012年07月29日

山形本町金六

山形で、久しぶりに野菜ソムリエの仲間と食事をする事に。

花おくら
そこで連れていってくださったのが、山形本町の、本町金六さん。
オーナーはも野菜ソムリエさんとのことで、お料理が楽しみです。
出迎えてくださったオーナーを見て、かっぷくのよいそのお姿に、「この人、ぜったい食いしん坊だな」って感じ、絶対美味しいに違いないって思いました。

もともとは肉屋さんで修行をなさっていて、その肉料理をもっと美味しく味わってもらうために、野菜料理を提供したいというのが、野菜ソムリエを目指した理由なのだそうで、どの野菜も、自分の足で回って、美味しい、自分の舌にあったものを選んでいらっしゃいます。
そのため、夜の予約のみの営業です。

蒸し野菜
白い生で食べるとうもろこしピュアホワイトは食べてみたい食材でしたので、その甘さに感動です。
花おくらは、花を食べるために作られたおくらなのだそうで、食感が楽しく、よく噛んでいると、ぬるぬるとしてくるところが、さすがおくらです。

メインの肉料理の前に出てきたのが、蒸篭で蒸した野菜たちです。
今日の野菜は、なんと、8回に分けて野菜を入れては蒸し、蒸しては入れるで作ったのだそうで、アスパラもシャキッと、じゃが芋はほっくリ、かぶはとろりんと、全てがいい塩梅の仕上がりです。
塩、ポン酢、ごまだれでいただきました。

野菜のうんちくと、次から次へと繰り出される野菜で、お腹はもう満腹満腹。
5時間もかけて、ゆっくりゆっくり、最後のシャーベットまで、美味しくいただきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form