野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2012年11月26日

香港ホテルペニンシュラのアフタヌーンティー

ちょっと急ではありましたが、マカオでのF3の応援のために、マカオ、香港の旅に出かけておりました。

公道を走るレースということで、違った興奮があります。
旦那様の興奮はもちろんレースですが、私はその合間に必ずいただく食事です。
なかでも、レースの後の二日間の一日は、香港に行くことにしていましたので、ホテルペニンシュラのザ・ロビーでいただくアフタヌーンティーを楽しみにしておりました。

テーブルセッティング
但し、ネックは、2時間待ちは必至、いつも並んでいる人の列が耐えないという、事前の情報でした。
1時間ほど前にまずは場所の確認をし、ペニンシュラグッズを購入しながら時間をつぶし、5分前にザ・ロビーへ。
並ぶ事になったら、絶対うちの旦那様はつき合ってはくれませんから・・・
ところが、なんとすんなりと座席に通され、バルコニーでの生の演奏とともに、アフタヌーンティーをいただくことができました。

テーブルにはティーカップ、ティーポット、ホットウオータージャグ、ミルクピッチャー、茶漉しがセットされました。この銀食器は使い込まれたティファニー製です。
私はアッサム、旦那様はダージリンでしたので、ミルクは私にだけ付きました。

ケーキスタンド
その後、三段のケーキスタンドに下から、レーズン入りのスコーン、塩味のサンドイッチなど、スイーツと盛られて出されました。
家でスコーンをいただく時には、たっぷりとクロテッドクリームを盛るので、ちょっと少なくて残念でした。

スコーンと塩味の二段目が無くなると、見計らったように、一番上のスイーツの皿だけを残し、スタンドをさっと片付けました。それと同時に、冷たいムースを持ってきてくれました。
なるほど、お客様の様子を、把握しているのですね。
これだけの分量をいただくのには、少し紅茶が物足りなく思っていたところ、なんと、ティーポットにお湯を注ぐではありませんか!
それは、いただけません。お茶の風味も、味も、もうどこにもありません。
このお作法だけは、ちょっと驚きでした。

ふっと気づいたのですけれど、ものすごい長蛇の列が出来上がっていました。
それもそのはず、全て食べるには、ゆうに1時間はかかりますから。

美味しさと雰囲気には大満足のアフタヌーンティーでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form