野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2012年12月25日

バター餅

北秋田で食べられているバター餅を、見よう見まねで作ってみました。

バター餅
と言っても、餅つきからするわけではなく、お正月用の切り餅を利用して試してみました。
お餅は水にくぐしてから耐熱ボールに入れて、柔らかくなるまでレンジで加熱します。全体がすっかり柔らかくなったら、バターと砂糖を入れて、餅に馴染むまでひたすら混ぜます。
本当は餅つきの途中でバターを加え、砂糖も加えとついていくのだそうです。
熱さで溶けてしまったバターがすっかりお餅に入ったら、一口大にちぎって出来上がりです。
もちろんのして、四角く切って保存もOKです。

出来立てをいただくと、ほらっ、ご覧のとおり、面白いほど良く伸びます。
今回は砂糖が少し少なかったので、ミルキーの味に近づけるくらいの甘さを目指して、次は作ってみましょう。
切り餅ほど硬くならないので、マタギの人達のご飯として生まれたのだそうです。
おにぎりは凍ってしまいますから。
すごいですね、生活の知恵。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form