野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2013年03月03日

アグリステーションフェス2013

政策研究大学院大学で開催された、アグリステーションフェス2013の、日本とアジアの食料未来予想図に参加いたしました。

コーディネーターはアメリカ大使館の福田久雄氏、パネラーに、東京大学講師であり、農業経済がご専門の本間正義氏、食品安全委員会リスクコミュニケーション分野の唐木英明氏、吉野家ホールディングスの代表で、日本フードサービス協会の会長でもある安部修仁氏をお迎えしての開催でした。

アグリフェス
FOOD2040の報告書から、30年後の私たちの食と農を考えるというものです。
コーディネーターから、SWOTに添って、つまり、強み、弱み、機会、阻害要因という流れで、食料自給率から見えてくるもの、農業の今後、TPPがもたらすもの、フードチェーンなどという方向からお話いただきました。

世の中は私たちが望む方向に動いていくということです。
そのためには、片側から物事を見るのではなく、こう見れば変わる、つまり、ポジティブシンキングがどうやら必要なようです。
生活者も、どのように物を選択していくことが、農業を応援する事になるのか、自分の考えを持たなくてはいけないときになったようです。

ランチをしながらの、それぞれの先生との交流も、この企画がなければなしえませんでした。
お誘いいただいた、フェイスブックのお友達に感謝です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form