野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2013年04月05日

薄焼き卵のオムライス

盛岡ガス様の情報紙フランメ5月発行号の取材がありました。

オムライス
今回のエプロン男子は写真家で、俳優でもある松本伸さん。
作ってみたいリクエストは、オムライス。それも、最近流行の半熟トロリの卵ではなく、薄焼きで作られた、昔風です。
ご飯と炒める素材をひたすらみじん切り、それさえ出来れば、もう難しい事はありません。
包丁の持ち方を、きちんと直していただいたところ、みるみる包丁捌きが上達し、玉葱もピーマンもマッシュルームもハムも、ご立派に出来ました。
それを炒めて、その具材にまずトマトケチャップで味付けをしてしまうことがポイントです。
そこに、温かいご飯を入れ、お酒かワインを振りかけてから混ぜていくと、ご飯がだんごになりません。

皿に盛る時にポイントが一つ。オムレツの形にもう盛ってしまうことです。
その上に、薄く焼いた卵をパカッとかぶせ、クッキングペーパーを使って巻き込んでしまえば出来上がりです。
彩りにパセリを散らして出来上がりです。
松本さんは、さらにとろりとケチャップをかけたいようでしたが、中のご飯の味付けで召し上がっていただきました。
「そうか、こういう味付けだから、食べ終わった後に、胸につかえる感じが無いんですね。」

おかわり!と松本さんのお顔には書かれてあるようでした。

フランメは、5月上旬のガスの検針日に皆様のポストに配布されます。お楽しみに!
私も作ってみたいという男性のチャレンジャーを募集しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form